HOME > 【セントラルキッチンのメリット】安全こそが”食の命”です(HACCP認証施設です)

安全こそが”食の命”です(HACCP認証施設です)

クックチル調理システムを導入しております。クックチル調理システムは、集団給食における食品の安全性や一定の品質基準のレベルアップを目標に開発された調理システムです。
21世紀のフードサービスの姿であるといつても過言ではないと考えています。

クックチル調理システム導入で(5日間保存可能)、多様化する高齢者食や治療食を計画的に調理し、美味しく提供できます。

  • 食品の基本は『安全』です。徹底して衛生管理、品質管理の手法を検証・確立し、HACCP(製造工程別の管理)により徹底した衛生管理のもと、安全・安心してお召し上がりいただけます。

従来方式の場合

従来方式

HACCP方式の場合

HACCP方式

重大な危害発生防止のために管理すべき必須の工程をCCPに決めます。CCPをモニタリングすることにより問題があることが分かった場合、 改善措置を速やかにとることができます。CCP以外の工程は一般的衛生管理で管理します。

HACCP方式は、これらの考え方ややり方に加え、原料の入荷から製造・出荷までのすべての工程において、あらかじめ危害を予測し、その危害を防止(予防、消滅、許容レベルまでの減少)するための重要管理点(CCP)を特定して、そのポイントを継続的に監視・記録(モニタリング)し、異常が認められたらすぐに対策を取り解決するので、不良製品の出荷を未然に防ぐことができるシステムです。

フロー
セントラルキチン 人・もの の流れ
ページの先頭へ戻る