HOME > 【セントラルキッチンのメリット】給食経営を改善するには、セントラルキッチン導入が最適です

給食経営を改善するには、セントラルキッチン導入が最適です

◆土地・建物・厨房機器・光熱水道費など・・・『削減効果大』・・・

  • (1)調理済の料理を提供するシステムであり、調理に要する施設側負担(厨房建設費・機器及び備品投資や光熱水道費をはじめとした経費など)、トータルコストを削減できる事です。
  • (2)特に、高齢者施設の場合、給食スタッフを別に雇い入れることなく、介護スタッフで食事を提供できるシステムが可能です。
    事例・80~100床のユニットケア施設や10~30床以下の小規模施設では、利用者様が食べたい時間に、介護スタッフが電子レンジやスチームコンベクションオーブンで再加熱し提供しています。(右写真)
  • (3)調理済の料理を提供するクックチル調理システムは、適時適温が最適に行われ、美味しく提供できる環境が可能です。朝食などは、起きる時間・食べる時間がバラバラであっても、料理を温めるだけで温かいものが美味しく提供できます。
  • (4)サテライトの作業も盛付や食器洗浄など単純化されます。
  • (5)献立は、セントラルキッチンで作成致しますので栄養士業務軽減でき、栄養指導や栄養アセスメントなど本来の業務が出来ます。
食事提供風景

ユニット施設では、介護スタッフが電子レンジ・スチームコンベクションオーブンで、再加熱し食事を提供しています。

ページの先頭へ戻る